大河ドラマ「麒麟がくる」ゆかりの地へ

  • 文字サイズ・大

NHK大河ドラマ麒麟がくるゆかりの地へ福知山値綾部市舞鶴市の観光地

福知山城

◆得法寺:福井県 若狭町
 ↓移動(車)約60分
◆桂林寺:京都府 舞鶴市
 ↓移動(車)約5分
◆舞鶴公園(田辺城址):京都府 舞鶴市
 ↓移動(車)約1分
◆心種園:京都府 舞鶴市

熊川宿

若狭鯖街道熊川宿(得法寺)

永禄13年(1570)4月20日、明智光秀は織田信長による越前朝倉氏討伐のため熊川に先回りし、当時の近況を書状に記して細川藤孝らに報告しました。その2日後の4月22日、信長は木下藤吉郎(秀吉)らを従え、同行した徳川家康とともに熊川に入り、得法寺の境内には、家康が腰掛けたといわれる松の木の跡が残っています。

Map >>

福井県若狭町熊川

↓移動(車)約60分

桂林寺

桂林寺

田辺城籠城戦の際には、当時の住職であった大渓が弟子14人をひきつれ幽斎軍に加勢したという、幽斎ゆかりの寺院。

Map >>

京都府舞鶴市紺屋69

↓移動(車)約5分

舞鶴公園(田辺城址)

舞鶴公園(田辺城址)

関ヶ原の前哨戦である田辺城籠城戦の舞台。15000人もの西軍をわずか500人の兵で防ぎきり、東軍の勝利に貢献した。

Map >>

京都府舞鶴市南田辺南田辺15−22

↓移動(車)約1分

心種園

心種園

舞鶴公園内にある庭園。田辺城籠城戦時に、己の運命を悟った幽斎が詠んだ歌にちなんでなづけられた。

Map >>

京都府舞鶴市南田辺15−22

明智光秀ゆかりの地へ

↑Topへ